『命の授業』を開催しました✨

公立小学校で『命の授業』を開催しました。

今年で3年目を迎えたこの授業。

毎回たくさんのお子さまたちに体験してもらいたいと思う、素晴らしい時間です!

助産師さんが、引き受けて下さっているからこそ、私も参加させていただけるこの企画。

この季節の楽しみの一つになっています♪

2年生対象に行っているこの授業。

いつも授業の初めに、元アナウンサーの方が、私の著書絵本『しんぞう の おと を きいてごらん』を読んでくださいます。

しんぞうの音は、



お母さんのお腹にいる時から、死ぬまで、

いつも自分と一緒にいてくれている

“ 生きている音 ”

であることも伝えている、この絵本。

心地の良い声の読み聞かせを、

毎回私も、子供達と一緒に聞き入ってしまいます。

読み聞かせの後に、

『心臓の音ってきいたことある?』


『どんな時に?』

投げかけると、

子供達は自分の体験を思い出して、たくさん発言をしてくれます。

その後、聴診器を使ってお友達の心音を聴いたり、自分の心音を聴く体験をしました。

豆粒ぐらいの赤ちゃんが子宮の中にいる模型を見ながら、こんな時から心音があると知って驚き、

次に子どもたちは、産まれたばかりの赤ちゃんと同じ重さの人形の抱っこ体験では、

「重~い!!」「首がグラグラ!」と、大盛り上がり。





『オシッコも、ご飯を食べることも、お出かけも一人でできなかったのに、みんなが大きくなるまでに、周りにいる人たちが、お世話をしてくれて、守ってくれていたから、大きくなれたんだね。』

『それは、みんなのことがと~っても大事で、大好きだからなんだよ』

その言葉をきいて、子どもたちは、自分のママやパパ、おじいちゃん、おばあちゃん、兄弟、先生、警察官、近所のおばちゃんたちの顔が浮かんだようでした。

授業の最後に、子どもたちから、

「命が大切だということがわかった。」などの感想が。

子どもたちのシェアに、心が温かくなりました。




『命の授業』について、Blogでも紹介しています。

https://ameblo.jp/shi-no555/entry-12425273076.html